神言修道会

多治見修道院

 

  多治見の神言修道院は、1930年(昭和5年)カトリック神言修道会(神言会)宣教師モール神父によって、修道生活と邦人会員の養成を目的に、日本管区の中央修道院として設立されました。

  修道院の建物は、地上三階、地下一階の木造建築で、建坪1千坪、ぶどう畑は3千坪総面積1万8千坪あります。最初の約30年間は神言修道会の日本における本部としての機能を果たしておりました。当時は、外国からの宣教師が大勢ここにおられ、日本語の勉強をしながら修道生活を送り、また、キリスト教を宣教するため派遣されました。その後宣教活動も拡大し、神言会が設立した南山学園における教育活動の拡張に伴い、宣教活動の拠点は名古屋に移されました。今は南山大学で勉強している神学生が一年間の修練をする場所として、修練と黙想の生活が続けられています。また霊的な生活を深めるための黙想会も開かれています。

 1989年、修道院の後方に建てられた3棟ログハウスは研修センターとして、修道者のみならず、学生や一般社会人の方々にも広く利用されています。

  修道院建物の周囲に広がるぶどう畑で栽培されているぶどうは、1933年以来修道院の地下室で醸造され、「修道院ワイン」として多くの方々に愛飲されていす。赤と白の二種類のワインが売店で販売されています。

  小高い丘に広がるぶどう畑、緑深い中庭の木々、中世ヨーロッパを偲ばせる雰囲気を持つ神言修道院は、魅力あふれる修道院として多くの人々を惹きつけており、虎渓山の永保寺とともに多治見市の名所であり、ぶどう畑に囲まれた建物は長年市民に親しまれてきました。










修道院で行われる講座のご案内

黙想会のご案内
ログハウス・研修センター
修道院と壁画  ルルドのマリア像

修道院ワイン

カトリック多治見教会
修道院の墓地

修道院写真集

お問い合わせ

ミサのご案内

更新日 2017/2/3