カトリック多治見教会

  カトリック多治見教会は、1930年修道院の開院時から1948年まで修道院内にあり、初代主任司祭はドイツ人モール神父で修道院長も兼ねていました。後に教会は多治見市本町7丁目に移りましたが、1978年に再び修道院に戻り、修道院の聖堂と一部施設を使用して「宣教・司牧」の教会活動を行っています。 


  毎週日曜日には、午前9時30分からミサが執り行われ、祈りが捧げられています。また、キリスト教入門講座・聖書研究会などの各種勉強会も日曜日に限らず随時開かれています。 

  はじめての方もご遠慮なく、ミサに参加頂き、また、キリスト教入門講座・各種講座にもご出席下さることを、心からお待ちしております。詳細は事務所までおたずねください。

ミサのご案内